瞬発力を鍛える

インターンの面接をした

 

手応えはない

 

課題は質問に対する回答の瞬発力のなさ

 

アドリブとは違うものだと思う

 

アドリブとの違いはその場凌ぎかどうか

 

ボロが出ないような答えが必要である

 

面接ように用意してない質問をされても、頭の中にある莫大なエピソードの引き出しから、合致したエピソードを探し出し、論理的にかつ情熱的に話す能力

 

それが思考の瞬発力だと思う

 

圧倒的に足りない

 

どうやって鍛えるか

 

エピソードが少ないのか、引き出しの分類わけが下手くそなのか

 

量の問題か質の問題か

 

たぶんどっちもだろう

 

まだまだ雑魚いな

 

裏を返せば、これからってことよね

 

がんばろう

目に入ったもの全てになぜを問う

なぜと問うことを徹底している

 

そこには意図がある

 

自分の意見を持つこと、それを相手に話せるまでにまとめ上げること、この作業を瞬時に行うことの3つができるようになるためだ

 

明らかに自分に足りない能力だと気づいた

 

足りない能力でかつ、必須な能力である

 

毎日何かしらに疑問を抱いて、それに対する意見を持てれば、その質はともあれ、確実に思考力はつくと思う

 

実際に思考力が付いた人もいるし、なんならその人にそうしてみればと言われた

 

とにかくやってみるしかない

 

くだらないことにも自分の意見を

 

頑張ってみます

LINEはすぐに返す派

事務的なこととか、早く返信ほしそうなことに関しては早く返信することを心がけている

 

当たり前だが自分はレベルが違う(自分で言うことではない)

 

通知が来た瞬間に返信している

 

でもそうするとみんな同じことを言う

 

暇人かよ

 

まぁ確かに暇なときも多いが、暇じゃないときもすぐ返信している

 

というか暇なときほどすぐに返信しない気もするが

 

なぜなら自分がすぐに返信欲しいときに返信遅いと困るからだ

 

当たり前だけど、後でいいやと思わないところは誇っていいと思っている

 

今日もそんなこんなで秒で返信した

 

珍しく「返信早くて助かる」と言われた

 

報われた気がして嬉しい

 

返信早くするのは譲れないことかもしれない

考える日々は楽しい

昨日の記事は考えて生きていないことを悔やむ記事だった

 

そう思って今日はいろいろと思考を巡らせていた

 

とりあえず批判的になってみた

 

心の中だけで

 

すると意外と自分の意見が出てくる者だなぁと実感した

 

意識するだけで結構変わる

 

意識って大事なんだなと実感

 

これを機に思考を巡らせる日々をスタートさせたい

考えて生きていないことがバレる

こだわりってありますか?

 

そんな質問にパッと答えられない

 

まぁ意識してないと思い浮かばないものなのかもしれないけど、やっぱり答えられるに越したことはない

 

普段何を考えて生活しているのだろうか

 

考えて生活するのに慣れるには、批判的になることが1番いい気がする

 

いいというのは、ハードルが低いというか取り組みやすいというか、そんなイメージである

 

とりあえず批判の中には疑問があると、個人的には思っている

 

批判は疑問を作るものということだ

 

まぁあくまで持論なので、これに対しても批判的な意見はあって良いと思う

 

なければみんな何も考えてないのね、と思ってしまう

 

とりあえず批判的になってみよう

 

心の中だけで

新学期は生活習慣を正す

自粛は人をダメにする

 

そうつくづく感じた

 

自粛が終わったからこそそう感じた

 

珍しく1限が週に3回ある

 

1年生みたいな時間割を組んでしまった

 

まぁ受けたかった授業だししょうがないのだけど、やっぱり1限はなかなかきつい

 

自粛で平均起床時間が2桁くらいだったのでその反動が来てる

 

ただやっぱり早起きは三文の徳ということもあってか、清々しい気分になる

 

朝って不思議だ

 

起きるの辛いのに起きれたら気分がいい

 

良薬は口に苦し的な何かがあると思う

 

生活習慣がまともになっていく

 

いい気分だ

良い大学に行くに越したことはない

家庭教師をしている

 

推薦を狙うか、一般受験するか

 

難しい選択である

 

まぁまぁな大学の推薦をとるか、レベルの高い大学を目指して頑張るか

 

一般で受かる保証がない場合にどんな選択をするかは本当に難しいところ

 

しかも自分の人生ではない

 

人の人生に自分が口出ししている

 

バイトにしてはなかなかにいい経験だと思う

 

もちろん責任も伴うが、それを覚悟の上で話している

 

熱い話をみっちりとした

 

どんな決断をするだろうか

 

どんな決断をしても自分が頑張ることに変わりはないけど